年賀状の返事が遅れそう!?年賀状と寒中見舞いについて

お正月の時期になり届いた年賀状を確認すると、年賀状を送っていなかった人から届いている場合があります。 そのような場合では、すぐに返事を書くのがベストですが、お正月で親戚が集まっていたり、旅行に出かけてしまっていたりとすぐに年賀状の返信ができない場合があります。

また、年賀状を返信する相手によっても、書き方が異なり、勤め先や取引先への返事に悩んで時間がかかってしまう人もいるでしょう。

本記事では年賀状の返事の期限はあるのか、いつまでに送らなければ相手に失礼になってしまうのか、寒中見舞いとは何かなど例文も交えながらご紹介いたします。

送っていない人からの年賀状、返事はいつまでにすべきなのか

送っていない人からの年賀状、返事はいつまでにすべきなのか

お正月に年賀状を確認した際に、送っていなかった人から年賀状が届いていることがあります。 送っていない人から届いた場合、基本的には年賀状で返事をするのが礼儀になります。
また、相手はお正月に届くように年内から準備をしていたわけですから、年賀状の返事はなるべく早く、できればその日のうちにおこなうべきです。

年賀状の返事を書く際、「年始のご挨拶ありがとうございました」などと一言添えたくなりますが、相手がそれを見ると「自分が年賀状を出したから、相手も返してきたんだな」と感じてしまう可能性があります。 三が日のうちに年賀状を送れる場合なら返事を送り、特にお詫びの言葉を伝えないのも一案です。 年賀状として返事をするのであれば、1月7日までに相手に届くようにするのが一般的です。 1月7日を過ぎてしまうと、『年賀状』ではなく『寒中見舞い』として出します。

年賀状と寒中見舞い、違うのは名前だけではありません。 それぞれの便りを出す意味合いや時期も異なります。

また、年賀状を送る際、基本的には1月1日に届くように送りますが、1月1日を過ぎてしまう場合には、「元旦」や「元日」という言葉を使用しないように注意しましょう。
「元旦」、「元日」には1月1日という意味があるので、1日を過ぎて届く年賀状には相応しくありません。 遅れて届く場合には「一月吉日」や「新春吉日」などといった言葉を使うようにしましょう。

年賀状と寒中見舞いの違いとは

年賀状と寒中見舞いの違いはいくつかあります。
年賀状の返信が遅れてしまいそうな場合は、違いをよく理解して最適な方法で送るようにしましょう。

年賀状と寒中見舞いの意味

年賀状の起源はとても古く、元となる行事が奈良時代に始まっています。 元々は「新年の年始回り」という年始の挨拶をしていました。 平安時代には年始の挨拶は風習として定着し、直接訪ねるのが難しい遠方の人に便りで年始の挨拶をするようになりました。 江戸時代になると、飛脚が普及したことも影響し同じ町内でも文書で年始の挨拶をする習慣が広まりました。これが現在の年賀状に繋がるのです。

この歴史を見てもわかるように、年賀状は年始の挨拶、そして昨年のお礼を伝えるために出されるものです。

一方、寒中見舞いは年賀状のように大きな目的があるというよりは色々な意味を含んでいるお便りといえます。 本来は「暑中見舞い」「寒中見舞い」と言葉が似ているように、暑さ、寒さが厳しい時期に相手の健康を気遣う挨拶として出されていました。 これが今でも続く寒中見舞いの意味の一つです。 暦の上で寒さが最も厳しい時期とされる1月〜2月初旬に出すのがマナーとされています。

寒中見舞いの持つ意味として、「年賀状の代わり」として使われることも多くなっています。 自分や相手が喪中で年賀状を出せなかった場合、年賀状の返事が遅れてしまった場合、喪中の連絡をしていなかった相手から年賀状が届いてしまった場合などに、年賀状の代わりとして寒中見舞いを出す人が増えています。

便りを出す時期

年賀状は1月1日(元日)から1月7日(松の内)、寒中見舞いは1月7日~2月4日ごろに出すのが一般的です。
しかし、関西など地域によっては松の内が1月15日までの場合もあるため、年賀状や寒中見舞いを出す相手によって異なります。

はがきの種類

寒中見舞いの場合、年賀はがきは使えません。 通常の官製はがきを使います。年賀はがきは、年始の挨拶をするためのはがきなので、年賀状にしか使うことができないのです。

もし、誤って年賀状を購入してしまった場合でも、年賀はがきは郵便局で手数料(年賀はがきの場合、1枚5円、2019年10月以降変更の可能性あり)を払えば通常切手やはがき、レターパック封筒などに交換してくれますので、寒中見舞いには使わないようにしましょう。

年賀状の返事の例文を紹介します

年賀状の返事は以下のように構成します。


[1] 新年の挨拶(賀詞)

[2] 年賀状へのお礼

[3] 遅れたお詫び(三が日のうちに到着する場合は省く)

[4] 締めの挨拶

また、目上の人に年賀状の返事をするときには賀詞にも注意しましょう。 目上の人には「謹んで」「恭(うやうや)しく」といった意味が含まれない2文字の賀詞(賀正、迎春など)は使わない方が良いです。

4文字の賀詞である「謹賀新年(謹んで新年を祝う)」や「恭賀新年(うやうやしく新年を祝う)」を使います。 少し堅い感じがする場合は、口語調の「あけましておめでとうございます」、「新年おめでとうございます」、「謹んで新春のご祝詞を申し上げます」などを使うと良いでしょう。

年賀状の返事の書き方を実際の例文で、いくつか紹介します。

親族からの年賀状の場合


あけましておめでとうございます

新年早々にご丁寧な年賀状をいただき ありがとうございました

年末年始 留守にしておりまして、ご挨拶が遅れ申し訳ございません

皆様 元気に新年を過ごされたようで 私も嬉しく存じます

我が家も賑やかにお正月をすごしました

遅ばせながら どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます

友人からの年賀状の場合


新年あけましておめでとうございます

こころのこもった年賀状をありがとうございました

おひさしぶりですが 皆様お変わりありませんか

我が家も賑やかなお正月をすごすことができました

今年はお会いできるといいですね

楽しみにしております

恩師からの年賀状の場合


謹んで新年のお慶びを申し上げます

ご丁寧な年賀状をいただきながら ご挨拶が遅れ 誠に申し訳ございません

昨年は大変お世話になりました

●●先生(教授)のご指導のおかげで 実りのある一年になり感謝しております(←前年に直接関わりがあった場合)

本年もどうぞよろしくお願いいたします

幸多き一年になりますよう 心よりお祈り申し上げます

勤め先からの年賀状の場合


謹んで新年のお慶びを申し上げます

ご丁寧な年賀状をいただき ありがとうございました

新年のご挨拶が遅れましたこと 深くお詫び申し上げます

旧年中は職場にて 大変お世話になりました

本年も仕事に精進する所存でございます

至らないところも多いですので 引き続き ご指導のほどよろしくお願いいたします

厳寒の折、風邪などひかれませぬようご自愛くださいませ

取引先からの年賀状の場合


謹んで新年のお慶びを申し上げます

年末年始で帰省しておりご挨拶が遅れましたことお詫び申し上げます

旧年中は大変お世話になりました

インフルエンザが流行しておりますのでくれぐれもお体をご自愛ください

本年もどうぞ変わらぬお付き合いをお願いいたします

寒中見舞いで返事をする場合の例文を紹介します

寒中見舞いで返事をする場合の例文を紹介します

年賀状を寒中見舞いで返事をする場合、以下のように構成が考えられます。
寒中見舞いは年賀状に比べて、色々な事情で出すことが多いため、相手や使い方によって書く内容が異なります。


[1] 寒中見舞いの言葉

[2] 先方の健康を喜ぶ言葉

[3] 年賀状へのお礼とお詫び

[4] 自分の簡単な近況

[5] 締めの挨拶

ここからは年賀状の返信としての寒中見舞いの例文を相手別にいくつか紹介します。

親族からの年賀状の場合


寒中お見舞い申し上げます

皆様におかれましてはお変わりなくおすごしとのこと 心よりお慶び申し上げます

新春のご祝詞をいただきながらご挨拶が遅れてしまい、誠に申し訳ございません

おかげさまで家族一同 元気に過ごしております

厳寒の折、風邪などひかれぬようようご自愛ください

友人からの年賀状の場合


寒中お見舞い申し上げます

皆様 お変わりございませんか

ご丁寧な年賀状をいただきまして 誠にありがとうございました

ご挨拶が遅れて申し訳ございません

皆様におかれましては 良いお年を迎えられましたご様子 心からお慶び申し上げます

おかげさまで私どもは元気に過ごしております

また お会いできることを楽しみにしております

まだまだ寒さが続きますが 風邪などひかれぬようご自愛ください

恩師からの年賀状の場合


寒中お見舞い申し上げます

厳寒の折 お変わりございませんか

新春のご祝詞を頂きながらご挨拶が遅れてしまい 申し訳ございません

おかげさまで家族一同 元気に暮らしております

最近はインフルエンザが流行っておりますので どうぞお体を大切になさってください

本年もどうぞよろしくお願いいたします

勤め先からの年賀状の場合


寒中お見舞い申し上げます

厳寒の折 お変わりございませんか

ご丁寧な年賀状を頂きながらご挨拶が遅れてしまい 大変失礼いたしました

皆様におかれましては 良いお年を迎えられましたご様子 心からお慶び申し上げます

おかげさまで私どもは元気に過ごしております

最近は 風邪が流行っておりますので、どうぞご自愛くださいませ

今年も変わらぬお付き合いのほど どうぞよろしくお願いします

取引先からの年賀状の場合


寒中お見舞い申し上げます

ご丁寧な年賀状をいただきまして 誠にありがとうございました

ご挨拶が遅れて大変失礼いたしました

最近は 風邪が流行っておりますので、どうぞご自愛くださいませ

あわせて本年も変わらぬお付き合いのほど よろしくお願い申し上げます

年賀状の返事はなるべく早く送りましょう!

年賀状と寒中見舞いの意味や返事の書き方(お詫び)などをご紹介しましたが、基本的に年賀状の返事はなるべく早く出すようにしましょう。 相手にも遅いと思われない三が日のうちに返事を送ることが理想的です。 しかし、どうしても難しい場合には、年賀状として出すことのできる「松の内(1月7日、地域によっては1月15日)」までに返事をします。

1月7日を過ぎてしまう場合には、基本的には年賀状ではなく「寒中見舞い」に代えて返事をします。 その際、年賀はがきは使わず、官製はがきを用いることにも注意が必要です。 そして、返事が遅くなってしまったお詫びの言葉もさらっと入れましょう。 年賀状をもらったら、どんな形であれ、必ず返事をするのがマナーです。

※この記事の内容は、2019年8月現在のものです。
※この記事でご提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めておりますが、完全さを保証するものではありません。当社は、当サイトの内容に関するいかなる誤り・不掲載について、一切の責任を負うものではありません。